星のひとひら

紹介ページ

 

雪の降る妖怪の山

河童がきゅうりを食べていた

きゅうりオイシー

でも

大好物のきゅうりを食べているのに何故か淋しい

妖怪だってこんな冬の日は人恋しくなるんです

来た

冬に現れた秋の神二人

神々は食べ物をねだり

続いて魔法使いが現れ

そして神をけちらした

さて、魔法使いが言うには

甘酒

おやおや

とりあえず甘酒を作るのに普通、ミキサーは使わない

とにかく、そんな感じで魔法使いは甘酒を自作するのを諦めた

せっかく来た人間が去っていくのは悲しい河童

そして、そんな心情を知る由もない魔法使い

さらにそんな二人を見つめる影

神々は博麗神社へ

河童と魔法使いは守矢神社へ

甘酒を求め動き出す

今回はそんなお話

 

・登場キャラクター

超妖怪弾頭

河城 にとり

普通の魔法使い

霧雨 魔理沙

豊かさと稔りの象徴

秋 穣子

寂しさと終焉の象徴

秋 静葉

山坂と湖の権化

八坂 神奈子

集まる夢、幻、そして百鬼夜行

伊吹 萃香

楽園の素敵な巫女

博麗 霊夢

ゲスト・44ひっさ さん

20100314発行

上海アリス幻樂団原作

東方プロジェクト二次創作

「星のひとひら」

40P/500円

あまり神々をいじめないであげてください

戻トラ